英語に乾杯☆+α 寒天&甘夏ジャム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お菓子、ではないようなきがするのですが…。

今日は

昨日むいた甘夏の残り
牛乳180cc
砂糖 大さじ3
缶詰のシロップ 130ccくらい
水 150cc

で寒天を作りました。甘夏が底に来るようにしたのですが、
浮くんですね…。
知りませんでした。

材料がなんでこんな半端な分量かというと、
水以外はすべて残りものだからです。
砂糖を入れた後に
缶詰のシロップを入れることを思いついたので、
けっこう甘めでした。
子どもは喜んで食べてくれましたが。

甘夏のジャムは
正確には、
甘夏の皮のジャムです。
昨年作ったのは、何度もゆでこぼしたにもかかわらず、
かなり苦く、そのままでは食べれませんでしたので、
(ほとんどマフィンに混ぜ込んだ)
今回は、白いところをかなり取り除きました。
その後ネットで、
白いところにペクチンが含まれているから取りすぎに注意
と書かれているのを見ました…。
種に含まれていると思ったのですが、
両方かな???
今回は、数年前に買って、
かたくなっっていたはちみつも
湯銭にかけてから入れてみました。
苦味がほとんどなく、ちょっと寂しいですが、
これで夫も子どもも食べてくれるかな??
やっぱり、白いところも必要なのか、
ジャムというよりシロップ漬けのようになってしまいましたが…。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。