英語に乾杯☆+α 幼稚園できいた話
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日から夏休みということで
園長先生、主任の先生からお話をきいてきました。

しまった!メモすれば良かったと思ったものの
時すでに遅し。

覚えている範囲で…。


幼稚園大好きと言っている子でも
多少は友だちのやりとりや、
先生の顔色を伺ったりで
少なからずストレスは
あるのでおうちでゆっくり過ごさせてあげるよう。

お手伝いは、
お母さんたちの邪魔になってしまうこともあるけれど
子どもたちにとっては、
お母さんや家族のために一生懸命やっていることなので
温かくお礼を言う。
「ありがとう。」
「助かるよ。」
これが子どもたちの生きがいになります。

先日警察の方からきいた話から。
非行で補導された子に
家族の誕生日、名前の漢字すら知らない子がいる。
いかに家族との関係が希薄か。

補導や迷子で親が迎えに来たとき、
「お前は何やっているんだ!」
と言って殴ったり、
「どこ行ってたの!?」
と怒る親がいるけれど、
「心配だったね、不安だったね」
と言って抱きしめてあげよう。

ままごとをしている子どもたちをみると
おうちでの様子がそのままわかる。
寄り添っているか、
言葉で動かそうとしているか。

なんだか耳が痛い話もありました。
自分の言動、子どもへの接し方を見直す
夏休みにしたいと思います♡

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。