英語に乾杯☆+α 名古屋弁
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かわむら市長の名古屋弁についてのアンケート結果のニュースが
ヤフーに載ってた。
名古屋弁、使わない人、意外に多いのね。
私は使い分けてます。

そして記事の中でびっくりしたのが
アンケート結果よりも
「ご無礼します」
が名古屋弁だったということ。

ほかの地域では通じないのね…。

最近衝撃だった方言は
「ささって」
三重では「しあさって」が「ささって」
になることがあるらしく、
約束したけど行き違いがあった、
と嘆いている人もいました。
方言っておもしろいわね。

以下、記事抜粋たたみます。







「名古屋弁よい印象」の地元市民、2割だけ
12月4日11時25分配信 読売新聞

 名古屋市は、河村たかし市長が公約に掲げる「名古屋ことばの復権」を目指して、名古屋弁のイメージなどをたずねた市政アンケート結果をまとめた。

 名古屋弁に「よい印象を持っている」市民は2割だけ。4割強が「よい印象、悪い印象を両方持っている」と答え、日頃の生活で名古屋弁を使っている人は4割にとどまった。

 ◆「わしがもっとPRせな」河村市長◆

 河村市長は「残念な結果。わしがもっとPRせないかん。ますます使命感が強まった」と話している。

 アンケートは、無作為抽出した市民2000人を対象に、9月29日から10月13日にかけて行われ、1157人が回答した(回収率57・9%)。

 調査結果によると、名古屋弁のイメージ(複数回答)は「親しみがもてる」が最も多く、40・4%。しかし「田舎的」も35・3%と多く、「温かい」29・9%、「面白い」「汚い」が28・3%で並んだ。

 日頃の生活で名古屋弁を使っている人は「いつも」25・1%、「状況によって使い分ける」17・1%を合わせて4割強にとどまり、「全く使わない」が17・5%、「あまり使わない」も39・6%と、話さない人の方が多かった。

 また、使用頻度の高かった名古屋弁は「米をかす」「ようけ、ぎょうさん」「ご無礼します」などとなっている。(小山内晃)
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。