英語に乾杯☆+α
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラマを観ていて

You haven't been to home in 8 years.

というセリフがあったのですが
for じゃないのはなぜでしょうか。



・brokenでこういう言い方もあり。意味はforと同じ
・意図してinと言っている。forとはニュアンスの違いがある

どちらでしょうか…。

今度機会があれば確認してみたいと思います。








スポンサーサイト
コメント
お久しぶりです
ことさん、俺のブログにコメント下さったようでありがとうございます(^_^ゞ
実は仕事が多忙を極めてまして、全く見れてませんでした。すいません。

英検も受けてません(泣
が、勉強は毎日やってるので10月に受けます。
お互いに良い結果を残せると良いですね(^_^)v
その前に9月のTOEICに既に申し込んであるので今はそちらに専念しつつ、自分で決めた毎日の課題はこなすようにしてますね。

あとブログなんですがしばらく休みます(笑)
たまに遊びに来ますので絡んで下さいね~★
2013/07/29(Mon) 19:39 | URL | Kaz | 【編集
Kazさん

おおおおおぉぉぉぉ!!
こちらまで来てくださってありがとうございます。
Kazさんからコメントいただくと
やる気出ます!

お忙しいのですね。
勝手に
沖縄=のんびりお仕事
と思っていたのですが
ひどい先入観でした。
お若いので大丈夫かもしれませんが
お体はお大事に。

9月にTOEICですね。
私は10月の英検終わってから
TOEICのスケジュールを考えようと思っています。

Kazさんのブログお休みは
寂しいですが…。
こちらこそ絡んでくださいね~。

2013/07/31(Wed) 16:41 | URL | こと | 【編集
調べてみました。
ことさん、ご無沙汰しております(*^_^*)

記事を拝読して、inの用法が気になったので、現在、受講中の通信講座のテキストで調べてみました。(←3万円も払ったので、説明があるのかどうかも気になって。。)

以下inの説明の中から、ちょっとですが、抜粋です。

◆時間の範囲を表す
inは、ある出来事が一定の時間の範囲の中で起こった(起こる)ことを表します。
In the morning, I usually take my don for a walk.

次の例も時間の範囲も示しますが、「~ぶりの」という意味を持ち、10日間客が来なかったという否定的なニュアンスを表します。
He is the first customer we have had in ten days.

ことさんが記事にされたドラマの英文は、「8年ぶりに帰って来た」 ということを伝えたかったのかもしれませんね。

ロイヤル英文法には、ここまでわかりやすく説明されていませんが、692ページに、似たような例文がありました。

的外れな説明だったらすみません。

p.s.最近は、英語学習の時間がめっきり減りました。英語関連のブログをあまり読まなくなったので、コメントを残させていただくのは、本当にひさしぶりです。またお邪魔させてくださいね(*^_^*)
2013/08/03(Sat) 08:58 | URL | 三毛猫みい子 | 【編集
ありがとうございます!
三毛猫みい子さん

ご無沙汰しています!

私が調べるべきなのに
ありがとうございました~!

>次の例も時間の範囲も示しますが、「~ぶりの」という意味を持ち、10日間客が来なかったという否定的なニュアンスを表します。
He is the first customer we have had in ten days.

なるほど~!
そして
私のロイヤル英文法にも
ありました。
in 「~ぶりの」
と…。
過去完了=for
と思っていたので
勉強になりました。

ドラマでは
「8年も帰っていない。」
となっていましたが
"否定的なニュアンスを表す"
というところがポイントかと思いました。
前置詞は奥が深いですね~。。。

お忙しい中、ありがとうございました♪

2013/08/05(Mon) 15:29 | URL | こと | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。