英語に乾杯☆+α つれづれ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学時代のことを考えていたのですが
何でそれを勉強するのがわからない。

というのがありました。
私の場合は歴史が苦手で
過去の事を習ったり覚えたりして何の意味があるのか…。

ということで暗記も嫌いで
ひどい点を取っていたものです。

実は、当時は英語も嫌いでして
まず1年の半ばまで”be動詞”
がわからなかったんですね。
(塾に入って解決)
スペルもローマ字と違って覚えにくい。

なんで
サッカーがsoccerなのか、
ギターがguitarなのか
わからず、ひたすら
サッカー→そっシーシーイーアール
ギター→グイタラ
と覚えていました。

転機は中2、英語の先生が変わったとき。
新任の留学経験のある先生でした。
先生が英語をしゃべったとき…
衝撃が走りましたね。
『かっこイイ~!!!!』
発音がキレイだったんです。
その後なんとなくやっていた英語なのですが
ある日通知表で”4”がもらえました。
そんなにはがんばった記憶がないのに”4”で
単純な私はこれで英語って楽しい!
って思ったように記憶しています。

ピグマリオン効果とは少し違うかも知れませんが
がんばっている子にはそれなりの評価をしてくれる、
のっているときに少し背中を押してくれる、
という先生がたくさんいるといいなぁと思いました。

あの4がきっかけで今も英語を続けているのか…
と思うとまた先生にお会いしたいなぁと思うのでした。






スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。